富山ガラス造形研究所 創立30周年記念展:未来へのかたち


イベント詳細


本年,富山ガラス造形研究所は,創立30周年を迎えます。
1991年,富山市の35年来にわたる市政「ガラスの街とやま」事業の大きな一歩として,ガラス作家育成機関である同研究所が創設されました。同研究所は「造形」にこだわり,「ガラス造形研究所」と銘打ってスタートを切りました。この30年間,卒業生は555名を数え,国内外で活躍する多くの作家を輩出しています。
富山市ガラス美術館では,同研究所創立30周年を記念し,歴代教授陣や卒業生による作品が一堂に会する展覧会を10月23日から開催いたします。出品作品は最新作や代表作ばかり。過去30年の軌跡に留まることなく,未来につながる国際的なガラスと表現の「今」をご覧いただければ幸いです。