1. HOME
  2. イベント
  3. 共催・協賛
  4. 粉体粉末冶金協会2022年度春季大会(第129回講演大会)

粉体粉末冶金協会2022年度春季大会(第129回講演大会)

2022年5月24日~26日にかけて行なわれる”粉体粉末冶金協会2022年度春季大会”において,25,26日に国際ガラス年2022協賛セッションが行なわれます。国際ガラス年2022の協賛行事として,ガラス科学とバイオインスパイアード材料について,機能の発現に関連した領域での講演発表が行われます。

イベント概要

開催日時 2022年5月24日(火)~26日(木)
会場 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター (予定)
主催 一般社団法人 粉体粉末冶金協会

国際ガラス年2022協賛セッション

ガラス科学とバイオインスパイアード材料

2022年5月25日(水) 09:00 〜 17:10 第Ⅱ会場 (3F, 中会議室 302)

時 刻 講演者(敬称略) 講演タイトル
09:00 〜 09:15 上高原 理暢 (東北大学) リン酸八カルシウム析出による硬化反応を利用した多孔質リン酸カルシウムセメントの作製
09:15 〜 09:25 桑嶋 啓介 (山形大学) 澱粉補強リン酸カルシウム骨ペーストへの異種カチオン種の導入
09:25 〜 09:40 伊藤 佑一郎 (東北大学) 形状と気孔率の異なるβ型リン酸三カルシウム顆粒を用いたセメントの作製と評価
09:40 〜 09:55 鈴木 治 (東北大学) ラット脛骨骨欠損におけるリン酸八カルシウム(OCP)の骨再生とマクロファージ極性化
10:00 〜 10:10 簗瀬 千明 (名古屋工業大学) コアシェル構造を有するゾルゲルガラス繊維の作製
10:10 〜 10:25 木谷 綾夏 (名古屋工業大学) 40SiO2・40MgO・20Na2Oガラス形成におけるMg2+イオンの役割
10:25 〜 10:40 中村 仁 (名古屋大学) 液相レーザープロセスを応用したジルコニア表面の抗菌化
10:40 〜 10:50 梅津 将喜 (東北大学)  ニッケル含有リン酸カルシウム担体によるメタン生成菌の培養
11:00 〜 11:20 多賀谷 基博 (長岡技術科学大学 ) 招待講演:規則性構造を特徴とするナノバイオ材料の創製
11:20 〜 12:00 大槻 主税 (名古屋大学) 協会賞受賞記念講演(研究功績賞):
医用セラミックスに関する基礎研究とバイオインスパイアード材料開発への展開
13:00 〜 13:30 宇尾 基弘 (東京医科歯科大学) 特別講演:歯科材料におけるガラスの応用
13:30 〜 13:40 李 誠鎬 (産業技術総合研究所) ホウ素含有リン酸塩インバートガラスの作製
13:40 〜 13:55 井上 晃暢 (名古屋工業大学) ホウケイ酸塩ガラスのイオン徐放性の調整
14:00 〜 14:15 石本 卓也 (富山大学) 粉末床溶融結合法によるバイオミメティックな低ヤング率骨インプラントの創製と応力遮蔽抑制効果
14:15 〜 14:30 松垣 あいら (大阪大学) 細胞制御を活用した骨配向化模倣材料創製
14:30 〜 14:40 小笹 良輔 (大阪大学) 生体骨コラーゲン構造模倣材料を用いたヒトiPS細胞の骨基質形成挙動制御
14:40 〜 14:50 松坂 匡晃 (大阪大学) 生体模倣応力感受システム構築によるオステオサイトを起点とした配向化骨誘導
15:00 〜 15:20 下嶋 敦 (早稲田大学) 招待講演:自己組織化を利用したシロキサン系自己修復材料の創製
15:20 〜 15:35 中西 和樹 (名古屋大学) 次世代超断熱窓材としての有機無機ハイブリッドエアロゲル
15:35 〜 15:50 小田木 優斗 (名古屋大学) シリカナノ粒子ベシクルを利用した階層構造を有する多孔体の調製
15:50 〜 16:05 吉岡 朋彦 (岡山大学) シリカゲルの電解ゾル-ゲル反応におけるタンパク質共存の効果
16:10 〜 16:25 小橋 眞 (名古屋大学) 自然界の接着面構造をヒントにした樹脂/金属接合界面形成技術
16:25 〜 16:40 崔 弼圭 (産業技術総合研究所) 液相プロセスによるナノシート型酸化スズの形成とガス識別への応用
16:40 〜 16:55 薮塚 武史 (京都大学) アパタイト核を用いた界面制御によるジルコニウム基二元合金へのアパタイト形成能付与
16:55 〜 17:10 石川 邦夫 (九州大学) 炭酸アパタイトセメントの病理組織学的評価

2022年5月26日(木) 09:00 〜 11:25 第Ⅱ会場 (3F, 中会議室 302)

時 刻 講演者(敬称略) 講演タイトル
09:00 〜 09:15 村井 俊介 (京都大学) 磁気光学光ファイバーを指向したTb2O3-Al2O3-SiO2-B2O3ガラスの構造とファラデー効果
09:15 〜 09:30 徐 寧浚 (大阪大学 産業科学研究所) バイオミネラリゼーションを用いた低温緻密化プロセスによるバイオガラスの機能化
09:30 〜 09:45 後藤 知代 (大阪大学) 有機修飾型リン酸八カルシウムに対するソルボサーマル処理の影響
09:45 〜 10:00 鵜沼 英郎 (山形大学) 炭酸カルシウム焼結体のin vivo評価と吸着特性
10:00 〜 10:15 長浜 陵大 (東北大学) 薬剤の担持方法を変えたリン酸八カルシウム顆粒の作製
10:20 〜 10:40 片桐 清文 (広島大学) 招待講演:コロイドプロセスを駆使して創るバイオインスパイア―ド構造発色性材料
10:40 〜 10:55 山中 陵弘 (広島大学) 微粒子集積型構造発色コーティング膜の粒子配列が構造堅牢性に及ぼす影響
10:55 〜 11:10 内野 智裕 (日本大学) 骨類似組成リン酸カルシウムセメントへのMn導入及び評価
11:10 〜 11:25 横井 太史 (東京医科歯科大学) 有機修飾型リン酸八カルシウムナノ粒子の合成

| 共催・協賛