1. HOME
  2. ブログ
  3. ’21日本のガラス展 姫路市書写の里・美術工芸館

’21日本のガラス展 姫路市書写の里・美術工芸館

2022.01.12イベントレポート

新春特別展「創立50年記念’21日本のガラス展」巡回展が2022年1月6日から3月6日まで姫路市書写の里・美術工芸館にて開催されています。

自然の木々に囲まれた姫路市書写の里・美術工芸館

1月10日には大阪芸術大学客員教授の西悦子先生により,「ガラスを楽しく鑑賞するために」と題したギャラリートークが行われ,立ち見が出るほどの盛況でした。

西先生によるギャラリートーク
西先生のご講演

とても深いお話の後には西先生による館内のガイドツアーが行われました。

西先生によるガイドツアー

それぞれの作品の製法の説明に参加者が熱心に耳を傾け,参加者からは多くの質問がありました。ギャラリートークの後に,西先生のご厚意により,筆者から,2022年が国際ガラス年であり,さまざまなイベントが開催されることを説明する機会をいただきました。

国際ガラス年の説明をする筆者と西先生

この後,3月12日~8月28日には同展覧会が石川県能登島ガラス美術館で開催される予定になっています。

(理・芸・地域社会融合分科会・山崎)

関連リンク

関連記事